y-blog’s room

わたくしの趣味の中からお得な情報をこのブログを世に出いただいている皆様にとって楽しいと思えるブログにしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

今週のみどころな富士S

今日のニュースで

現五輪担当大臣 橋本聖子氏の父

馬主としてマルゼンスキーを輩出した

橋本善吉さんが北海道の自宅で

老衰のため亡くなりました。96歳

ご冥福をお祈りいたします。


1.若い馬が中心

過去10年の成績を年齢別で見てみると、6歳以上馬は[0-2-0-55]で複勝率3.5%と不振。対して、4歳馬は[5-4-2-15]で複勝率42.3%と非常に優秀な数字を残しており、3歳馬は[3-1-3-28]で複勝率20.0%、5歳馬は[2-3-5-33]で複勝率23.3%。この3世代が中心となる。

2.スローペースになりがち

より短い距離を得意にする馬は翌週のスワンSに進むことが多く、このレースはスローペースになるのが通例。よって、道中折り合って直線で鋭い脚を要求される中距離戦のような質のレースになりやすく、距離短縮の馬、中距離実績のある馬がしばしば好走する。

3.前走逃げ先行だった馬は苦戦

過去10年、前走で4角1~2番手だった馬は[0-0-0-17]で1頭も3着以内に入れていない。4角3番手だった馬も[1-1-1-17]で複勝率15.0%と苦戦気味。上で述べたようにスローペースの後半勝負になりやすいため、逃げ先行の立ち回りをしてきた馬より、控える競馬をしてきた馬の方が好走しやすい。

シーズンズギフトは道中掛かることがあるから距離短縮はプラスだろう。また、右回りではもたれる癖を出していたため、今回初となる左回りの方がむしろ合っている可能性もある。初の古馬相手でも、52kgの軽斤量ならチャンスがあって良いだろう。

すごい気になる馬がいるんですよね。

それは

ワーケア(ハーツクライ産駒 3歳牡馬)

鞍上はルメール騎手。

そして

シーズンズベスト

3歳馬の若さを信じたい。


前日ではこの2頭を推します。




馬女子の皆様

軍資金を少し

必ずHPはご確認ください。

🔶 お仕事情報 🔶

お仕事を探されている女性の方へ

チャットレディの求人情報
出会いなどではないため安心。

www.yosounohone.com