y-blog’s room

わたくしの趣味の中からお得な情報をこのブログを世に出いただいている皆様にとって楽しいと思えるブログにしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

 

コロナの医療崩壊とコロナ後の医療崩壊を目の当たりにする

お疲れ様です。





今日も多数

北海道旭川市の病院クラスターは

全く終息しない

自衛隊の看護隊が派遣

旭川市ではひっ迫を超えてしまいました。


なのに政府は

全く無視

台本を読み上げているだけ

情けないといいますか

悲しいを超えてあきれ返る


今日の北海道では197人

札幌市 95人

旭川市が26人

石狩と胆振地方も多いんですよね。

ただ胆振って広いから

具体的な地域いってくれないと

なんかいつまでも漠然とした報告

そしてまた札幌ではクラスタ

有料老人ホームで14人

病院で17人

医療機関が大変なのに

医療でクラスターになると

一般も受け入れることが

できなくなってしまいますし





コロナの医療崩壊

確かに怖い現実

ですが

もっと怖いのは

医療従事者として

働きたい人が激減してしまうのではないか

これこそ真の医療崩壊です。

現に今でも

看護師の家族は「やめてくれ」なd

やはり不安があります。

はっきり言って当然です。

そしてこんなに頑張っている医療は

ボーナスないあるいは減給

なのに公務員は少なからずもらっている


医療現場になんで寄り添わないのか

この政府はマジで怖いくらい

おろかじゃないですか?

医療崩壊は政府が起こす

その自爆に国民〈医療現場〉を
 
巻き込まれないで


納税の義務があるから

できないことだけど

医療従事者から税金もらっていいの?


Go To キャンペーンを批判されている?

今はやめろって全国的に

一部除外で効果出るわけないじゃん。

政府の分科会も何にも意味がない

天下り集団か?

分科会の代表

今名前出てこない

あの人もなんか戦闘力なくて

説得力も危機感も伝わらない


コロナ明けた時の経済を考えるなら

今は痛めつけるべきではない

このトラベルキャンペーンも

今だけ政策で長い目で見た時は

はっきり言って最悪ですよ

観光業界にとっても負の連鎖がはじまるだけ

今何が大事なのか?

それはコロナを早く収束させて

経済をフル稼働すること

医療も安心の上での安心を

現場スタッフが不安になる今の環境は

日本が先進国じゃない何よりの証

政府は医療にマジで寄り添わないと

5年後 10年後

医療がさらに収縮してしまいます。


わたくしは年内

旅行はやめます

地元の飲食店にはいくかもしれないけど

長時間は避けます。

本当に医療のために

行動を改めていかないと