y-blog’s room

グルメ YouTube プロレス 社会のことなど幅広く書いています

 

札幌市内を走る市電の危機!

お疲れ様です。


わたくしが市電を利用していたのは

高校生の時でした。

西4丁目駅からロープウェイ入り口まで

2004年から2007年

当時は170円でした。

赤字続く札幌市電、7年ぶりに運賃値上げへ 12月から大人200円→230円に 電気料金値上げなどによる経費増加と乗客数見込み減のため(HBCニュース北海道) - Yahoo!ニュース

この記事によると

200円から230円に


わたくしですね。

実はこの市電利用率の低下って

市電ルートに人が住んでいない

あるいは人が少なくなってきている

そう思うんですよ。


市電が走る経路にある物件

けっこう古いのが本音なんです。

なので新規で賃貸する人が減少!


西線6条エリアだと

天気よければ

地下鉄「西18丁目駅」

歩くのは可能ですし。



だからわたくしね。

運賃をあげるのも仕方ないけど

本数を減便するのもありだと思う


例えば平日の昼間は2車両分

運行しない。とか


赤字続きというのをそのままにすると

将来市電を運行する人がいなくなる

市電の将来を考えるのであれば

減便にしてランコスを削減する

第2ビジネスを

札幌市電を活用した観光ビジネスを作る




本当はロープウェイ入り口のところから

市電が迂回出来て豊平橋の方に

行くことができれば

すすきのにつくの早くなるのですが

図書館を回ってのコースだから

どうしても遠いんですよね。



市電も古くなってきたし

本当に今後頭痛い課題ですよね。

わたくしは減便案も大事かと思いますね。